株式会社ヴァリューズ | VALUES Consulting & Creation Group

調査データ

カテゴリー一覧

女性はYahoo!派が優勢、若年層はGoogleを利用Yahoo!派?Google派?検索サイト利用実態レポート

■1ヶ月あたりの検索回数、男性はYahoo!とGoogleで半々。女性はYahoo!利用が6割超。
■年代別にみると、男女とも20代はGoogleでの検索割合が高い。


国内では検索サイトの2強であるYahoo!とGoogle。リスティングやSEOなどSEM(サーチエンジンマーケティング)は、今やWEBマーケティングにおいてかかせない施策になっていますが、ユーザーはYahoo!とGoogle、どちらをよく利用しているのでしょうか?ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)では、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、1ヶ月あたりのキーワード検索回数をYahoo!検索とGoogle検索で各々集計し、男女別や年代別で比較しました。
 

分析概要

全国の20万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2015年3月の1ヶ月間で、Yahoo!での検索回数、Googleでの検索回数を集計。男女別や年代別で比較検証した。
※検索回数はPCからのアクセスを集計
※男女別、年代別はVALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推計


考察サマリ

1ヶ月あたりの検索回数、男性はYahoo!とGoogle利用が半々。女性はYahoo!利用が6割超。

2015年3月の1ヶ月間で、Yahoo!とGoogleそれぞれの検索回数を集計したところ、全体ではYahoo!検索が53.8%、Google検索が46.2%でした。男性はYahoo!検索とGoogle検索の割合が約50%ずつ、女性ではYahoo!検索の割合が高く、61.7%となっています。女性ではYahoo!派の方が優勢のようです。


年代別にみると、男女とも20代はGoogleでの検索割合が高い。

次に、年代別でYahoo!とGoogleの検索利用割合を比較してみましょう。20代ではGoogle検索の割合が約60%とYahoo!検索を上回っていますが、30代では約半々になり、40代以降ではYahoo!検索の割合が高くなっています。



さらに、男女に分けて年代別にみると、20代男性ではGoogle検索が約65%、Yahoo!検索が約35%と、GoogleがYahoo!の利用を大きく上回っていることがわかりました。しかし年代があがるにつれ、Google検索の利用割合は減少し、60代以上の男性では、Yahoo!がGoogleを逆転しています。

一方、女性は20代ではYahoo!検索とGoogle検索がほぼ半々ですが、30代以上ではどの年代でもYahoo!の利用が約6割を超え、Googleよりも多くなっています。



検索サイトの利用者特性を踏まえることで、よりターゲットに届きやすいキーワード選定や、クリエイティブ改善につなげることができるかもしれません。


主要なワードの検索ボリュームや、検索後にアクセスしたサイトがわかる!
「【VALUES eMark+】Keyword Finder」について

ヴァリューズ保有の20万人の検索データから、主要なワードの検索ボリュームがわかり、複合ワードの発見につながります。キーワード検索後に自社・競合・その他サイトへの流入数、直帰率、ランディングページも確認できるため、SEO対策、リスティング広告をはじめ、自社コンテンツの拡充にも活用いただけます。


【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる!
「【VALUES eMark+】Free」について

本リリースで用いたデータは、当社サービス「VALUES eMark+」を使用して集計・分析を行いました。本サービスには<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。 「【eMark+】Free」では、業界別にサイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。



※facebookページでは、業界別ランキングなどマーケティングに役立つ情報を配信中です!


資料請求・お問い合わせ

詳しい調査レポートをご要望の場合や、分析のご相談、ご質問などはこちらからお問い合わせください。

まずは無料でお試しください!【eMark+】の一部機能を無料でトライアル