【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。



新型コロナウイルスにより激減したインバウンド市場。一方で越境EC市場は大きく伸びており、更に注目が集まっています。経済社会の急激な変化に伴い、消費者の価値観も大きく変化。
今回のセミナーでは、市場の変化とともに越境ECにおける最新の中国人動向とそこから見えるプロモーション戦略、出店までの成功のノウハウを全てお伝えします。

■開催概要

日時 :2020年11月6日(金)15:00~16:30
会場 :Zoomウェビナー
※開催前日までに申込メールアドレス宛に視聴用URLをお送りします。
参加費:無料
定員 :300名(先着順)
主催 :株式会社ヴァリューズ、株式会社ACD、
株式会社サイバー・コミュニケーションズ

対象者:・越境ECをこれから検討または進められている方
・既に越境ECを実施しているものの売上が思うように上がらない方
・海外展開事業の責任者及び担当者の方
・海外マーケティング提案などでソリューション
(Wechatミニプログラムなど)を探している方

・同業他社様、競合他社様のご参加は原則お断りさせて頂いております。
・映像や音声が乱れる場合がございます。ご了承ください。
・配信内容の録画/録音はご遠慮ください。
・終了時刻は前後する可能性がございます。
・配信用URLのSNS等への投稿、他人へのシェアによる拡散はご遠慮ください。

■セミナー内容

【第1部】株式会社ヴァリューズ
「事例と調査結果を解説! 中国越境ECの特性と中国マーケティングのポイント」

・越境ECの購入は、〇〇〇〇で決まっている!?
・なぜあの商品は中国で売れたのか?…etc.
中国マーケティングのポイントについて、これまでの調査結果や事例をもとに解説。アフターコロナの中国市場を見据えた戦略を考えます。

【第2部】株式会社ACD
「中国・越境ECで失敗しない為の施策とは」

なぜ今中国市場を狙うべきなのか?コンテンツ重視の中国市場に於ける認知・購買施策として、Wechatミニプログラムを活用した最新の中国デジタルマーケティング手法を分かりやすく説明します!
また、独自の物流ルートを持ち、越境EC減税にも適用した「全日空海淘」をご紹介します。

【第3部】株式会社サイバー・コミュニケーションズ
「越境ECにおける戦略的プロモーションの立て方」

選ばれる商品や人気サービスの背景には何があるのか?成功のポイントはそれぞれの製品にあった最適なプロモーションの設計です。全てが同じやり方では成功しません。中国人ユーザーの行動実態を基にプロモーションの視点からそのノウハウをお伝えします!

■登壇者プロフィール

株式会社ヴァリューズ 事業企画局グローバルリサーチ推進グループ マーケティングコンサルタント 向井 優

京都大学大学院で中国哲学史を専攻。
前職では京都市・外務省・大手ホテル等を始めとした行政・観光業を中心に訪日外国人施策を担当。
ヴァリューズでは、国内でのマーケティング支援を行う一方で、食品・飲料・ヘルスケア領域を中心に中国本土進出・越境EC 訪日中国人市場の調査やマーケティング支援を行っている。

株式会社ACD 代表取締役CEO 古居 弘道 氏

株式会社光通信 移動体通信事業部にて2000年まで日本市場でのモバイルの普及に携わる。その後独立し、韓国KEBhanaBankの多通貨クレジットカード決済(マルチカレンシープライシングサービス)の立ち上げに参画。2016年ANAホールディングスとの合弁会社ACDの立ち上げに執行役員として参画。2020年同社のEBOを実施、同社の筆頭株主であるCX株式会社の代表取締役 兼 株式会社ACDの代表取締役CEOに就任。アリババからオファーを受け天猫国際「全日空海外旗艦店」を展開。また中国テンセントと日本でのQRコード決済並びにミニプログラムを活用したソリューションを展開する合弁会社も保有する。特にSaaS型での中国の最新テクノロジーを活用したデジタルマーケティングに精通。

株式会社サイバー・コミュニケーションズ アカウントグロース・ディビジョン デマンドリサーチ&ソリューションチーム アカウントプランナー 小林 映理 氏

2018年サイバー・コミュニケーションズ入社。入社当初よりインバウンド担当として、代理店、クライアントに向き合い、各国のメディア提案、プロモーション提案業務に従事。2020年4月より新規事業開発を行う部署に所属。越境ECサービスのソリューション開発担当として現在に至る。
中国系メディアのプロモーション提案を得意とする。インバウンド実務主任者資格所持。


>>お申し込みページはこちら<<
 

BACK TO INDEX