【2/9(火)】日々のExcel集計から脱却!めんどうな集計業務を簡略化する方法とその事例紹介|オンラインセミナー

※12/3に開催したウェビナーと一部内容が重複します。
Excelはデータ集計といった本来の表計算の用途以外にも、報告会レポート作成といった他の用途にも広く使用されているツールです。
一方で、無駄に凝った報告会レポートをExcelで作成することが目的となってしまい、日々の集計作業に悩まされている方は多いのではないでしょうか。
そこで本セミナーではセルフ型BIツールであるTableauを用いて、日々の面倒な集計作業を簡略化し、データ活用を推進する方法を事例と共にご紹介いたします。また、ビジネスにおいてDX推進のメリットの一つが「業務フロー効率化」であり、組織のDX推進にもつながる内容となっております。

■このような方におすすめです
・日々のExcel業務でお悩みの方
・組織にデータ活用文化を推進したい方
・これからデータを活用して新たなビジネス機会を発見したい方

【セミナー内容】
・現場でよくある集計の課題
・現場でよくあるデータ活用の課題
・Tableauとは・活用するメリット
・実際にTableauを使った業務改善の事例

【開催日時】
2021年2月9日(火)13:00~14:00(申込受付を終了しました)

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。
詳細はお申し込み後、開催当日12時にご連絡いたします。
※貴社の情報セキュリティポリシー等により上記ツールをご利用できない場合、
別途、個別にご案内させていただきますので(seminar@valuesccg.com)までお気軽にお問い合わせください。

【主催】株式会社ヴァリューズ
セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【注意事項】
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【ご協力のお願い】
・ 申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ ソリューション局 データアナリスト 髙木誠二
京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻

新卒でヴァリューズに入社し、大手食品ECモール、日用品メーカー、不動産など様々な業界で、ヴァリューズのWEB行動履歴データを用いたマーケティング調査を担当する他、クライアントの自社保有データ活用支援を経験。


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)


BACK TO INDEX