【7/29(木)】WEB行動ログとアンケートからユーザー像を把握!興味関心先や普段の行動から親和性のある新たな接点を探る|オンラインセミナー

新型コロナウイルスの影響で、外出の機会が減少したため、WEB行動が増加している一方で、興味関心先、普段どんな情報を入手しているかといった消費者理解が一層難しくなってきております。
そうした中で、自社、競合他社のサイトを閲覧している人がそれぞれどんな人か、サイトの外ではどのような動きをしているかといったWEB上での情報収集行動を把握することが不可欠となってきているのではないでしょうか。また、普段の興味関心先を把握することで、より効率的に消費者との接点を持つことが可能になるのではないでしょうか。現在多くの方が利用しているYouTubeでどんなコンテンツを閲覧しているか、を把握することも消費者理解と接点発見につながるヒントとなります。
本セミナーでは実際の事例も交えて、YouTube閲覧状況やアンケートなどを組み合わせた、自社サイトと他社サイト訪問者のユーザー像の違いを把握する手法とどこまで深く分析できるのかについてお話いたします。

■このような方におすすめです
・市場の動向を把握し、マーケティング施策に活用したい方
・WEB行動ログを用いた競合分析手法や取得できるデータ内容を知りたい方
・今後の戦略・計画策定に向けて、調査を検討されている方
・WEB上での自社のポジションを把握し、新たな施策を検討したいと考えている方
・ユーザーのインサイトを探りたいと考えている方

【セミナー内容】
・ユーザー像把握に関する悩み
・WEB行動ログ、アンケートを用いることでできること
・実際の調査事例

【開催日時】2021年7月29日(木)16:00~17:00(申込受付を終了しました)

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開催当日12時と開始1時間前にご連絡いたします。
【主催】株式会社ヴァリューズ
セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【注意事項】
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【ご協力のお願い】
・ 申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ ソリューション局 データアナリスト 松江勇志
北海道出身、北海道大学経済学部卒業。

新卒でヴァリューズに入社しデータアナリストとして大手広告代理店や不動産、電力、製薬、通信業界などを担当。
データ分析業務を中心に、調査要件の整理や活用の支援を行う。


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)

 

BACK TO INDEX