【11/14(月)】2023年の住宅デジタルマーケティングのポイントとは?事例も交えてWEB行動ログから解説!


外国人観光客の受け入れやオフィス回帰等、コロナ前の日常を取り戻しつつある一方で急速なインフレが起き、情勢が読めないのは住宅業界も例外ではないでしょう。
本セミナーでは、コロナ禍での人々の不動産検討と住まい環境の変化に注目し、適切なデジタルマーケティング施策に重要な顧客理解について、事例も交えて解説いたします。

★このような方におすすめです★
・住設、住環境に関するサービスの企画/開発担当者
・不動産企業のマーケター
・コロナ以降の「家を取り巻く環境」の変化に興味のある方

【セミナー内容】
・住環境/不動産業界の潮流整理
・住まいを取り巻く環境の変化(移住/アドレスホッパー、ペット需要etc)
・サステナブル住宅へ関心を持つ層とは
・カスタマージャーニーをもとに上手く集客する企業とは

【開催日時】2022年11月14日(月)15:00~16:00(申込受付を終了しました)

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開始までにご連絡いたします。

【主催】株式会社ヴァリューズ

【注意事項】
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ データマーケティング局
マーケティングコンサルタント/アシスタントマネジャー
大迫 夕莉

学生時代に賃貸仲介営業やSUUMOカウンター受付のアルバイトを経験。
新卒でヴァリューズに入社後、不動産を中心に、健康食品、アパレルなど様々な業界のマーケティング調査と施策提言・実行まで担当。


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)


BACK TO INDEX