“メディアプランニング”“競合施策の分析”で確実なマーケティング戦略を策定

CASE STUDY

CLIENT

花王株式会社

花王のスキンケアシリーズ「キュレル」では、eMark+を、“メディアプランニング”と“競合施策の分析”の両面でご使用いただきました。

今マーケティングに必須で求められる「ユーザーインサイト」の把握。アクセスログ解析を通して潜在顧客の需要や、特定キーワードにどのような感覚を持っているかを把握することで、製品開発、コミュニケーション戦略決定に落とし込んでいっていただきました。

また競合ECサイトの売れ行き増減が、自社サイトECでのことなのか、ECモールでのことなのか、eMark+で細分化したデータ分析をおこない、意思決定の材料としてご活用いただきました。

 

続きはこちら

https://xtrend.nikkei.com/info/09/00040/121300001/

BACK TO INDEX

他の事例を見る

  • GA活用で店舗集客に直結、検索キーワード分析による新たなMEO手法を実践

    店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開…

    VIEW MORE
  • ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは?

    伸長する中国市場への越境ECを伸ばしていきたい国内各社ですが、中国消費者の購買行動や嗜好をつかむのに手間取り、適切な商品開発やマーケティングがで…

    VIEW MORE
  • 「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

    月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウ…

    VIEW MORE
  • 東南アジアの市場ポテンシャルや消費者ニーズの把握で、ターゲットにマッチしたIPコンテンツの提供が可能に

    東南アジア市場で自社IPの展開に当たり、市場ポテンシャルや消費のニーズ、映像コンテンツの鑑賞実態について明らかとする必要があったテレビ東京様。<…

    VIEW MORE
  • 競合・自社サイト分析で新施策に的確な優先順位を付け、効率的にCV拡大

    トリンプ様は、「どの施策にどれだけの予算を積むべきかの判断材料がない」といった課題感の中、「eMark+」を使用し競合他社のECサイトを分析。「…

    VIEW MORE
  • ちば興銀がデータ活用でコンテンツマーケティングを強化。鍵は「お客様ニーズの理解」|地方銀行のDX事例

    県外の店舗は東京に2店舗、他の72店舗はすべて千葉県内にあり、地域に根ざした銀行として営業を続けてきた千葉興業銀行(以下、ちば興銀)。店舗チャネ…

    VIEW MORE

CONTACT

資料請求、お問い合わせはこちらから

CONTACT FORM