競合・自社サイト分析で新施策に的確な優先順位を付け、効率的にCV拡大

CASE STUDY

CLIENT

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

トリンプ様は、「どの施策にどれだけの予算を積むべきかの判断材料がない」といった課題感の中、「eMark+」を使用し競合他社のECサイトを分析。「競合他社はリターゲティング広告の効果最大化のためにアフィリエイトをうまく使っているのではないか」といった仮設を導き出し、自社戦略立案に大きく関与しました。

また自社ECサイト利用者の実態を分析すると、他社と比べ高齢層の割合が高めだということが判明。世代を意識したサイト構築を進めることとなりました。

新しい施策に的確な優先順位を付けることができ、効率的にCVを拡大することができました。

 

続きはこちら

https://liginc.co.jp/319417

BACK TO INDEX

他の事例を見る

  • 徹底した競合分析と競合対策で、わずか 1 年半で累計約800万人が訪問した業界最大級のメディアへ成長

    日本ハム様が運営するバーベキュー情報サイト「BBQ GO!」が国内最大級のバーベキュー情報サイトへ成長するためにおこなったのは、徹底的な競合分析…

    VIEW MORE
  • GA活用で店舗集客に直結、検索キーワード分析による新たなMEO手法を実践

    店舗型ビジネスにおいて注目を高める「MEO対策」をテーマにしたパネルディスカッションが、MarkeZine Day 2019 Autumnにて開…

    VIEW MORE
  • 圧倒的な顧客志向の新商品開発 ヴァリューズと実践した潜在的ニーズを発掘するデータ活用

    カルビーの社外との協働を図る商品開発拠点「Calbee Future Labo(カルビーフューチャーラボ)」では、日々これまでにない価値を提供す…

    VIEW MORE
  • ネット行動ログ分析×アンケートで定性と定量を同時に調査。的確なクラスタリングで中長期的な戦略ターゲットを明確化

    中古住宅のリノベーション事業を手掛ける「リノべる」様。マーケットを見立てた上で、データを元にしたマーケティング施策を打ちたいと考えたリノベる様は…

    VIEW MORE
  • Web行動ログからユーザー理解を深めニッチなターゲットにもアプローチ

    デジタルプロモーションでは、キャンペーンごとに狙ったターゲットに的確にアプローチする必要があります。従来のCookieをベースにしたオーディエン…

    VIEW MORE
  • データを活用したコンテンツマーケティングと広告戦略でSEO費と広告費のバランスを適正化、国内旅行の流入は昨年度超えを達成

    近畿日本ツーリスト様は、Webチャネルの強化に向け、自社サイトの中のコンテンツ『ひとり旅特集』を見直すにあたり、「eMark+」で詳細なログ解析…

    VIEW MORE

CONTACT

資料請求、お問い合わせはこちらから

CONTACT FORM