競合・自社サイト分析で新施策に的確な優先順位を付け、効率的にCV拡大

CASE STUDY

CLIENT

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

トリンプ様は、「どの施策にどれだけの予算を積むべきかの判断材料がない」といった課題感の中、「eMark+」を使用し競合他社のECサイトを分析。「競合他社はリターゲティング広告の効果最大化のためにアフィリエイトをうまく使っているのではないか」といった仮設を導き出し、自社戦略立案に大きく関与しました。

また自社ECサイト利用者の実態を分析すると、他社と比べ高齢層の割合が高めだということが判明。世代を意識したサイト構築を進めることとなりました。

新しい施策に的確な優先順位を付けることができ、効率的にCVを拡大することができました。

 

続きはこちら

https://liginc.co.jp/319417

BACK TO INDEX

他の事例を見る

  • JA全農が実践したデータドリブン運営につながる可視化・分析とは|MarkeZine Day 2020 Springレポート

    テクノロジーの発達により大量のデータを取得できるようになり、そのデータを活用したマーケティングの重要性に気づいたものの、具体的な進め方や運用に悩…

    VIEW MORE
  • 自社GAデータとeMark+を統合した分析レポートで、データドリブンなCV改善が可能に

    外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「リカイゼン」を運営するリトライブ株式会社様。かねてからGA(Google Analyt…

    VIEW MORE
  • グローバル広告代理店GroupMがおこなう、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

    世界No.1の広告代理店WPPグループのメディア・エージェンシー「グループエム」。数多くのグローバル企業のコミュニケーション戦略と施策を手がける…

    VIEW MORE
  • 東南アジアの市場ポテンシャルや消費者ニーズの把握で、ターゲットにマッチしたIPコンテンツの提供が可能に

    東南アジア市場で自社IPの展開に当たり、市場ポテンシャルや消費のニーズ、映像コンテンツの鑑賞実態について明らかとする必要があったテレビ東京様。<…

    VIEW MORE
  • 圧倒的な顧客志向の新商品開発 ヴァリューズと実践した潜在的ニーズを発掘するデータ活用

    カルビーの社外との協働を図る商品開発拠点「Calbee Future Labo(カルビーフューチャーラボ)」では、日々これまでにない価値を提供す…

    VIEW MORE
  • データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

    データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」でおこなわれ…

    VIEW MORE

CONTACT

資料請求、お問い合わせはこちらから

CONTACT FORM