圧倒的な顧客志向の新商品開発 ヴァリューズと実践した潜在的ニーズを発掘するデータ活用

CASE STUDY

CLIENT

カルビー株式会社

カルビーの社外との協働を図る商品開発拠点「Calbee Future Labo(カルビーフューチャーラボ)」では、日々これまでにない価値を提供する商品とは何かを模索しています。データマーケティングで企業を支援しているヴァリューズは、様々な分析結果や知見から商品開発をサポートしました。

「属性で分けない、領域を絞り込まない」という、通常とは少し違ったデータ活用方法で潜在的ニーズを発掘し、ゼロからイチを生み出すアイデアへとつなげていった事例となりました。

データ分析の結果をもとに、サイコロ状のポテトスナックに味付けパウダーを入れてシャカシャカ振って混ぜるお菓子「ふるシャカ」を開発。音は食においては基本的にネガティブな要素でありながら、それを「応援」に使うという、する側もされる側も嬉しいポジティブな行動に使えるようにしたアイテムが開発されました。

 

続きはこちら

https://markezine.jp/article/detail/31922

BACK TO INDEX

他の事例を見る

  • ネット行動ログ分析×アンケートで定性と定量を同時に調査。的確なクラスタリングで中長期的な戦略ターゲットを明確化

    中古住宅のリノベーション事業を手掛ける「リノべる」様。マーケットを見立てた上で、データを元にしたマーケティング施策を打ちたいと考えたリノベる様は…

    VIEW MORE
  • まだ見ぬ顧客を可視化せよ フルファネルでビジネスを加速させるNAVITIME×ヴァリューズの挑戦

    ナビタイムジャパンのオウンドメディアソリューションでは、法人向けに店舗検索や経路案内、施設・商品のデータ管理と関連情報提供や顧客行動分析まで、店…

    VIEW MORE
  • 東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

    東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動…

    VIEW MORE
  • Web行動ログからユーザー理解を深めニッチなターゲットにもアプローチ

    デジタルプロモーションでは、キャンペーンごとに狙ったターゲットに的確にアプローチする必要があります。従来のCookieをベースにしたオーディエン…

    VIEW MORE
  • 自社GAデータとeMark+を統合した分析レポートで、データドリブンなCV改善が可能に

    外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「リカイゼン」を運営するリトライブ株式会社様。かねてからGA(Google Analyt…

    VIEW MORE
  • 岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

    岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデ…

    VIEW MORE

CONTACT

資料請求、お問い合わせはこちらから

CONTACT FORM