自社GAデータとeMark+を統合した分析レポートで、データドリブンなCV改善が可能に

CASE STUDY

CLIENT

リトライブ株式会社

外注先のパートナー企業を探せるビジネスマッチングサービス「リカイゼン」を運営するリトライブ株式会社様。かねてからGA(Google Analytics)を分析してサイト集客の改善を行っていましたが、GAには項目がたくさんありすぎて、効率的に分析するにはどうすべきか悩んでいたと言います。
そんなリトライブ様に活用いただいたのが、GA分析のレポーティングサービス「eMark+ Prep(イーマークプラス プレップ)」。

「eMark+ Prep」では、競合・消費者動向の分析サービスであるeMark+と自社のGoogleアナリティクスのデータを統合して簡易的に自社サイトの動向を分析できるレポートを作成。

訪問ユーザーのデモグラ属性が把握できたり、共によく検索されるキーワードや、類似キーワードが可視化されることで、サイト改善において優先すべきページや判断軸が明確に。また、競合サイトの流入元比較レポートでは、リカイゼンを含めた3サービスのサイト流入状況が数字で示しされ、経路を内訳まで分けて、具体的に数字で把握していただけました。

 

「eMark+ Prep」を活用することで、サイト集客だけでなく、コンバージョンまでの導線改善や営業手法の改善までデータドリブンに取り組んでいただけます。

 

詳細はこちら

https://manamina.valuesccg.com/articles/788

BACK TO INDEX

他の事例を見る

  • JA全農が実践したデータドリブン運営につながる可視化・分析とは|MarkeZine Day 2020 Springレポート

    テクノロジーの発達により大量のデータを取得できるようになり、そのデータを活用したマーケティングの重要性に気づいたものの、具体的な進め方や運用に悩…

    VIEW MORE
  • 圧倒的な顧客志向の新商品開発 ヴァリューズと実践した潜在的ニーズを発掘するデータ活用

    カルビーの社外との協働を図る商品開発拠点「Calbee Future Labo(カルビーフューチャーラボ)」では、日々これまでにない価値を提供す…

    VIEW MORE
  • 岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

    岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデ…

    VIEW MORE
  • ちば興銀がデータ活用でコンテンツマーケティングを強化。鍵は「お客様ニーズの理解」|地方銀行のDX事例

    県外の店舗は東京に2店舗、他の72店舗はすべて千葉県内にあり、地域に根ざした銀行として営業を続けてきた千葉興業銀行(以下、ちば興銀)。店舗チャネ…

    VIEW MORE
  • データを活用したコンテンツマーケティングと広告戦略でSEO費と広告費のバランスを適正化、国内旅行の流入は昨年度超えを達成

    近畿日本ツーリスト様は、Webチャネルの強化に向け、自社サイトの中のコンテンツ『ひとり旅特集』を見直すにあたり、「eMark+」で詳細なログ解析…

    VIEW MORE
  • カスタマージャーニーからユーザーが求める情報を把握し、分かりやすく情報を伝える漫画コンテンツを制作

    株式会社Mizkanでは、自社の商材との相性が良い一方、商品単体ではアプローチしにくい「発酵」や「発酵食品」に興味があるユーザーとの接点を持つた…

    VIEW MORE

CONTACT

資料請求、お問い合わせはこちらから

CONTACT FORM