GREETING代表メッセージ

代表メッセージ

創業の志

百年に1回という大きな歴史的変換期の今、
「ITを軸に、事業の成長支援」 という御旗を掲げ、立ち上ります。[ 2009年秋 ]

百年に1回という大きな経済環境の変化が生じ、今までの社会的秩序が大きく創り直されるこのタイミングで、私自身、ライフワークにしてきた「新たな価値創造」&「売れる仕組みづくり」というテーマをIT業界及びマーケティング業界での経験・人脈を最大限に活かして取り組み、世の中の新しい秩序創りに主体的に貢献させて頂きたいと決意し、事業成長支援会社:ヴァリューズを創業いたしました。

日本における消費生活の変化、アジアを中心とした新興国の台頭、IT技術の急激なる進化とその浸透等とが合わさった今、企業活動において従来の成功体験とは異なる新たなる発想と遂行力が、今まで以上に必要とされています。

私たちヴァリューズは、プロフェッショナル集団として、社会的影響度の高いダイヤモンド企業及びダイヤモンドの原石企業を対象に、価値増大及び新たなる価値創造支援とその価値の浸透に向けて1社ずつ長期スパンで丁寧に、不屈の精神をもって取り組んで参る所存でございます。

ヴァリューズが描く未来像

デジタルの力でマーケティング活動を飛躍的に進化させ
誰もが、便利で快適な生活、わくわく楽しめる生活の実現を牽引する企業になる

ヴァリューズは、自らも革新的なデジタルサービスを生み出しながら、これらも駆使した企業の新商品・新サービス開発支援~世の中への浸透、更なる改良支援等、事業の成長支援を行うことを通じて、ITの恩恵をご年配の方々にも、またITが苦手な方々にも享受頂き、不の解消により誰もが便利で快適な生活、更には新たな発見等わくわくすることが増える生活の実現に貢献して参ります。

これからの未来は、さらなる変革の可能性に溢れています。IoTやAIをはじめとする新たなIT潮流により、あらゆる産業が、これまで以上のスピードで変わっていく時代に、私たちの使命として、マーケティングとITの力を最大限に活かしながら、新たな価値創造支援を通じて人々の生活における不安や不満が解消されたり、もっとワクワクすることが増えてゆくことをアジアを軸に世界との共存共栄を視界に入れて邁進して参ります。

このVISIONの達成に向けて、新たなる価値を創造し続けながら、2023年夏をターゲットに、アジアで1番、デジタルマーケティングを熟知している成長支援企業となることを目指しています。

代表取締役社長 辻本 秀幸

1964年生まれ。1986年、同志社大学工学部卒業。
(株)リクルートに入社。マーケティングシステム事業部長を経て(株)リクルートイサイズトラベルの社長に就任。赤字だった会社をビジネスモデルを変換し黒字化させる(現AB-ROAD.net、じゃらんnet)。その後も求人メディア「タウンワーク」の責任者として赤字立て直しに奔走するなど事業再構築、市場創造の最前線に立ち続け、20年間在籍。2006年当時、東証一部上場企業のマクロミルに転職して社長に就任し、ネットリサーチ専業から総合調査会社として売上規模で業界7位、5位、3位(利益規模で2位。調査件数で1位)と、毎年ポジションを上昇させ最高売上更新の形で創業者にバトンを戻す。2009年、事業成長支援会社ヴァリューズを創業。2015年、経済産業省内に設置された「ビッグデータビジネスに関するスタディグループ」の委員に就任。

BACK TO INDEX

CONTACT

資料請求、お問い合わせはこちらから

CONTACT FORM