【1/11(火)】リサーチャー菅原大介さんと考える、2021年の象徴的なリサーチ・トレンドと2022年の潮流

2021年、マーケティング・リサーチの業界では様々な調査が行われ、今後に影響する変化も起こり、新しいトレンドの兆しが見えてきました。本セミナーでは、マーケティング・リサーチに携わる方々あるいは調査業界にとって、2021年の象徴となったトピックス(調査テーマ・調査サービス等)を『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』の著者、リサーチャーの菅原大介さんと共に振り返り、2022年の潮流を予測していきます。

■このような方におすすめです
・マーケティング・リサーチ業務を担当されている方
・マーケティング・リサーチに関する情報収集を行いたい方
・リサーチの新潮流を知りたい方
※ 競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください

【セミナー内容】

第一部 株式会社ヴァリューズ

実例で解説!2021年の調査から見えてきた新トレンド
コロナ2年目を振り返る 定点調査の意義と見方

第二部 リサーチャー 菅原大介氏

急増するインタビューマッチングのサービス
今年最もブレイクした「インサイト」テーマ
調査サービスは特化型プラン・パック志向に
2022年はどんな技能や人材が求められるのか

【開催日時】2022年1月11日(火) 17:00〜18:00(申込受付を終了しました)

【視聴方法】
Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開催当日12時と開始1時間前にご連絡いたします。

【受講料】無料

【注意事項】
※ 競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※ 講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【主催】株式会社ヴァリューズ
セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【講師紹介】

菅原 大介

リサーチャー。上智大学文学部新聞学科卒業。新卒で株式会社学研ホールディングスを経て、株式会社マクロミルで月次500問以上の調査を運用するリサーチ業務に従事。現在は国内通信最大手のグループ企業でマーケティング戦略・中期経営計画の立案を担当する。

個人でも一般の人に向けてリサーチを普及させる活動に取り組み、noteや講習会、マーケティング・調査メディアへの寄稿が好評を得ている。主な著書に『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』『新・箇条書き思考』(ともに、明日香出版社)がある。

株式会社ヴァリューズ ソリューション局 リサーチャー 海野 秋生

大学卒業後、PR会社に入社。その後戦略PR会社、調査会社を経て2020年より現職。アンケート調査を活かしたPR調査のほか、消費財のリブランディングにあたるグループインタビューやコンセプト受容性調査、広告効果検証調査など定量・定性調査の実績多数。


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)


BACK TO INDEX