【4/13(水)】変化が激しい中国市場をいち早くとらえよう!中国市場トレンド分析手法解説セミナー

ここ2~3年、中国市場のメイン購買層が20~30代からZ世代、シルバー層まで拡大したり、情報収集媒体がWeiboやWeChatからTikTok、REDやbilibiliなどの新媒体まで広がったりなどし、中国市場の変化が一層激しくなっています。

変化の激しい中国市場を捉えるために、マーケティングリサーチを行う必要がありますが、従来型調査手法の場合、結果が出るまでのリードタイムが長くなり、結果が出たときにはトレンドがすでに変わってしまうこともあります。

本セミナーでは中国の市場トレンドをいち早く把握するための調査・データ活用について、実際の事例やデータを交えて解説いたします。

【セミナー内容】
1. 中国市場最新トレンドのご紹介
若年層消費行動の変化、男性美容経済の台頭、子供向けオーラルケア商品ニーズの増加など中国の最新トレンドをいくつかご紹介します。

2. 中国市場を素早く理解するためのデータ分析事例
ECデータやデスクリサーチ、ソーシャルリスニング分析など様々なデータがある中で、どのようにデータを組み合わせて使えば、中国市場の最新トレンドを把握できるのか、その方法を実際の事例やデータを交えながら解説します。

※セミナーで解説するポイントは、一部予告無く変更する可能性がございます。

【開催日時】2022年4月13日(水)14:00~15:00(申込受付を終了しました)

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】
Zoomウェビナーを利用いたします。視聴URLはお申し込み後、開催当日12:00と1時間前までにご連絡いたします。

【主催】株式会社ヴァリューズ
セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【注意事項】
※ 定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※ 競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※ 講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ データアナリスト 姜 茹楠 (きょう・じょなん)
中国北京出身。2014年に来日し、2017年にヴァリューズに入社。
日本国内のログ分析やアンケート調査の企画・集計・分析などの業務も担当。
海外調査領域では、特に訪日中国人や越境ECの領域で、化粧品、日用品、食品、旅行、等の領域で、アンケート調査からソーシャルリスニング分析、定性調査まで、幅広く調査に取り組んでいる。


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)


BACK TO INDEX