【10/4(火)】~Googleが提唱する購買行動の最新トレンド~“肯定度”を活用した広告配信の事例紹介|広告主様限定ウェビナー


※本ウェビナーは広告主様限定となります。代理店や制作会社、コンサルティング企業などの方のご参加はお断りすることがございます。
※本ウェビナーは9月13日に開催したものと同じ内容になります。


これまでヴァリューズはGoogleのリサーチパートナーとして、消費者の購買行動について共同研究を実施し、”バタフラサーキット”といった新しいフレームワークを発表してきました。
本セミナーではその共同研究の最新情報である”肯定度”について、活用事例とともにご紹介します。

“肯定度”に注目して消費者の「買い続ける」という行動をデータから分析したところ、初回購入前の肯定度が高い人ほど、継続的に購入を行うことを発見しました。
これまでは購入を個々の点として認識していましたが、”肯定度”の考えを用いることで、購入を線として認識することができ、継続購入、LTVを高める施策に活用できます。

今回はヴァリューズが保有するデータと自社で保有するデータを可視化した施策の事例をご紹介し、消費者やユーザーとのコミュニケーション施策に活かすヒントをお届けいたします。

■このような方におすすめです
・デジタルマーケティング担当者
・ECサイト(自社EC・モール)運用担当者
・最新の広告手法を知りたいマーケターの方
・データを活用した広告戦略を考えたいマーケターの方

【セミナー内容】
Googleのリサーチパートナーであるヴァリューズが、”肯定度”と肯定度を考慮した
広告戦略の考え方を実例と共にご紹介します。

・Googleが提唱する”肯定度”とは
・”肯定度”を活用した自社ECにおけるWeb広告戦略の考え方
・ヴァリューズ保有データ・自社保有データの分析と広告運用の事例

【開催日時】2022年10月4日(火)14:00~15:00

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開始までにご連絡いたします。

【主催】株式会社ヴァリューズ
 セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【注意事項】
※本ウェビナーは9月13日に開催したものと同じ内容になります。
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ データマーケティング局 シニアマネジャー 岩村 大輝
一橋大学卒業後、ヴァリューズに入社。コンサルタントとして、大小様々な事業会社・広告代理店のデータマーケティングに関わる支援を行う。消費者のインターネット行動ログデータに基づいたマーケティング戦略の立案を得意とし、Google合同会社と共同で新しい消費行動モデルである「バタフライ・サーキット」を開発。


株式会社ヴァリューズ マーケティングコンサルタント 松尾 武将
東北大学工学部を卒業後、慶応義塾大学大学院にて経営学を専攻し、MBAを取得。
日用品のほか、金融業界や自動車関連業界など、様々な企業に対して、分析結果を基にした広告配信を行うデータプロモーション局にて広告運用を行っている。


お申込みはこちら


BACK TO INDEX