【業界別アプリ利用動向】スマホ決済アプリ&ファストフードアプリのコロナ後~現在までの利用者数推移を公開

~スマホ決済アプリの利用者数はコロナ後に約1.5倍にまで伸長、
ファストフードアプリは2021年9月以降下落トレンドでやや頭打ちか~

 

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者数が増加したアプリを業界ごとにカテゴライズし、スマホ決済アプリとファストフードアプリの2020年4月から2022年5月まで約2年間の利用者数推移を調査いたしました。
調査にはヴァリューズが提供している、直感的なダッシュボードで誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析できるツール「Dockpit(ドックピット)」を使用いたしました。

 

競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」
URL: https://www.valuesccg.com/dockpit



 

◆スマホ決済アプリ利用者数はコロナ後に約1.5倍にまで伸長
非接触で決済ができることから、新型コロナウイルス感染対策の観点からも注目され利用者が増加したスマホ決済アプリ。今回は主要6アプリ(PayPay、d払い、楽天ペイ、au PAY、Google Pay、ファミペイ)の利用者数合計を月次で調査しました。
コロナ感染が拡大し始めた2020年4月にはのべ7,153万人だった利用者数は、直近ではのべ1億653万人と、約1.5倍にまで大幅に拡大。各社が継続的に消費者へのポイント還元キャンペーンなどを実施し、店舗側にも導入手数料を無料にするなど熾烈な競争を繰り広げた効果は大きく、コロナが比較的落ち着いている時期となっても市場全体が伸長し続けています。



 

◆ファストフードアプリの利用者数は2021年9月以降下落トレンドでやや頭打ちか
次に、ファストフードの主要5アプリ(マクドナルド、ケンタッキー、モスバーガー、バーガーキング、ロッテリア)の利用者数合計を月次で調査しました。
2020年4月と比べると2022年5月は約1.1倍と、利用者数は微増という結果になりました。コロナ当初はテイクアウト需要を取り込み利用者数は順調に増加していましたが、過去最高3,695万人を記録した2021年9月以降は、利用者数が減少傾向に入っているようです。



 

【注意事項】
・株式会社ヴァリューズの事前の承諾を得ることなく、資料を転載、複製、改変、翻訳することはできないものとします。
・資料を引用される場合は、出典名として「株式会社ヴァリューズ」を明記いただき、公開前に株式会社ヴァリューズ 広報 press@valuesccg.com までご一報ください。

 

■「Dockpit」とは
「Dockpit」は、限られた時間でたくさんの情報を必要とするマーケターが、分析したいキーワードやサイトURL、業界を入力するだけで、競合調査、業界分析、トレンド把握を可能にしたマーケティングツールです。
ヴァリューズが独自保有している、国内250万人規模の消費者モニター会員のWeb行動ログデータから、マーケティングに必須の3C(自社・競合・競合)を手軽に分析することができます。また直感的なUIを採用したダッシュボードで、ひと目で網羅できるデータを閲覧しながら、誰でも簡単にデータ分析をはじめることが可能です。膨大なデータを分かりやすくサマリ表示しており、概観を把握した後は気になる部分を深掘り分析していくことで、リサーチの時間とコストを大幅に削減します。また、レスポンシブ対応によりスマートフォンでの分析も可能。いつでもどこでもマーケティング分析を始めることができます。





 

<ユーザー属性もわかる、国内最大規模250万人の独自パネル>
「Dockpit」では、ヴァリューズが独自保有する、明確な使用許諾を得た行動ログモニター会員250万人のパネルを使用。リアルなオンライン行動に加え、性別・年代・エリア・年収などのユーザー属性情報も把握でき、国内最大規模のパネルで詳細なマーケティング分析が可能となっています。

 

■「Dockpit」無料版について
無料版では、一部機能を除き、競合調査・業界動向把握・消費者トレンド分析をお試しいただけます。分かりやすいダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析が可能です。国内最大規模250万人のモニターパネルを用いたダイナミックなデータマーケティングをぜひご体験ください。

Dockpit Free登録はコチラ
https://account.valuesccg.net/account/register/mailInput



 

◆株式会社ヴァリューズについて
株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。250万人規模の一般インターネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用したサービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

所在地 : 東京都港区赤坂2-19-4 FORUM赤坂5F
代表者 : 代表取締役社長 辻本 秀幸
事業内容: 経営に関するコンサルティング及び成長支援事業
インターネット行動ログ分析事業 (ビッグデータ解析事業)
IT先端技術を駆使した”売れる仕組み”構築事業
設立  : 2009年9月30日
資本金 : 1億円
URL  : https://www.valuesccg.com/
BACK TO INDEX