株式会社ヴァリューズ | VALUES Consulting & Creation Group

デジタルプロモーション

リサーチ分析を活かしたWEB広告施策を提供|デジタルプロモーション リサーチ分析を活かしたWEB広告施策を提供|デジタルプロモーション

独自のビッグデータ基盤とデータ解析・分析技術との連動で
訴求力の高いWEB広告の運用を実現しました。

まずはお試しください

お問い合わせはこちら

デジタルプロモーション

独自のビッグデータ基盤とデータ解析・分析技術を活かし
訴求力の高いWEB広告の運用施策を提供しています。

デジタルプロモーションフロー図

Google・Yahoo!
公式認定パートナー

YAHOOロゴ googleロゴ

代表的な取扱媒体

取引媒体ロゴ

事例

CASE.01

顧客データ分析でLTVを可視化、収益コアに広告施策を重点投入!

不動産業界 A社様

商材ごとに違うLTV。収益構造に則った的確なプロモーション施策を実施したいという要望にお応えし、A社様が持つデータを独自手法で分析、セグメントごとのLTVを可視化。収益コアにプロモーション施策を重点投入したことで、収益の最大化に成功しました。また、機械学習を意識したアカウント構造に変更することで、代理店変更3か月目で、CV数が昨対比130%に伸長、CPAは30%低下させることができました。

CASE.02

eMark+を活用しターゲットユーザーの閲覧媒体を特定、ホワイトリスト配信を実施!

金融業界 B社様

ITPの浸透で、3rdParty cookieを利用したオーディエンス配信ではリーチできるユーザー数に限りがあるなか、ユーザーIDとWeb閲覧履歴が紐づいた弊社独自データパネル「eMark+」のデータを活用。ターゲットユーザーが特徴的に閲覧している媒体を発見しました。そこから統計解析によって類似サイトも網羅的に洗い出し、ホワイトリスト配信を実施。リターゲティングと同程度のCPAで獲得に成功しました。

CASE.03

“刺さるクリエイティブ”を検索データで特定、潜在層に明確なアプローチ!

家電メーカー C社様

無線通信機器の買い替え需要の拡大を進めたいというC社様。広告成果に非常に大きな影響を与えるクリエイティブの訴求内容について、何を言うのが効果的か、示唆を得られるデータが少ない現状を解決すべく、弊社検索データを用いました。無線通信機器に不満を抱えるユーザーを内容別にセグメント化し、各セグメントごとに効果的なクリエイティブを作成し訴求。不満を抽出・グルーピングして、不満軸でセグメントを策定しました。訴求内容が刺さる可能性の高い層を選定し、特徴的な検索ワードによってターゲティングするとともに、バナーのクリエイティブに反映しました。結果として配信開始3週間で顕在層と同じ値に設定した目標CPAを大幅にクリアし、CV数も拡大しました。

お問い合わせはこちら