【1/21(木)】2021年は中国の地方都市に注目!中国下沈市場・徹底解説セミナー|オンラインセミナー

「台頭する下沈市場(3~5級都市)の購買実態とは?」最新の調査結果を公開!!

これまで、中国マーケットは北京・上海などの大都市(1級~2級都市)が中心でしたが、近年、3級以下の都市群(下沈市場)が注目を集めています。
果たして、下沈市場は日本ブランドの有望な参入先となるのでしょうか?

本セミナーでは、中国の下沈市場の消費者実態について、特に家電・自動車・化粧品・食品を中心に中国人リサーチャーが最新の調査結果を徹底解説いたします。

【セミナー内容】
1.市場ポテンシャル
→下沈市場とは何か?
そのポテンシャルは?

2.購入時の重視点
→商品の購入時、何を重視しているのか?
これまでの一級都市の購買層との違いは何か?

3.利用メディア・購入チャネル
→どこで、どの様に商品の情報を収集し、購入しているのか?

4.ライフスタイル
→生活では何を重視しているのか?
(金銭感覚、価値観等)

5.日本ブランドの参入余地は?
→日本ブランド進出のポイントは何か?

…etc.

※セミナーで解説するポイントは、一部予告無く変更する可能性がございます。



【開催日時】2021年1月21日(木)16:00~17:00(申込受付を終了しました)

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】
Zoomウェビナーを利用いたします。視聴URLはお申し込み後、開催当日12:00と1時間前にご連絡いたします。

※貴社の情報セキュリティポリシー等により上記ツールをご利用できない場合、
別途、個別にご案内いたしますので、セミナー運営事務局(seminar@valuesccg.com)までお気軽にお問い合わせください

【主催】株式会社ヴァリューズ
セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【注意事項】
※ 定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※ 競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※ 講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【ご協力のお願い】
・申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ データアナリスト  韓瑋煒(はん・うぇいうぇい)
中国遼寧省出身。
日本への留学後、コンサルティング会社でグローバルリサーチに従事。
その後、米国ワシントン大学(シアトル)への留学を経てヴァリューズに参画。
10年にわたる日本製品/サービスのグローバル展開支援の経験に基づき、中国市場調査においては、アンケートから定性調査まで、幅広く企画・モデレーティング・分析を行っている。


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)

BACK TO INDEX