カスタマージャーニーからユーザーが求める情報を把握し、分かりやすく情報を伝える漫画コンテンツを制作

CASE STUDY

株式会社Mizkanでは、自社の商材との相性が良い一方、商品単体ではアプローチしにくい「発酵」や「発酵食品」に興味があるユーザーとの接点を持つために、オウンドサイトで情報発信をおこなっています。

ヴァリューズはMizkanと共同で、「発酵」に関心があるユーザーの検索行動(検索やコンテンツ接触のジャーニー)をご覧いただきながら相互に意見交換をするワークショップと、そこからでた示唆を活かしたコンテンツ制作をおこなわせていただきました。

テキストだけでは理解が難しい内容について「発酵」検索者や関心者属性との相性を考慮し、ユーザーに分かりやすい漫画、図・表の形でコンテンツに盛り込んでいます。

 

 

『発酵と熟成の違いとは?実は身近な発酵食品について解説!』

https://www.mizkan.co.jp/story/column/july-221/

『発酵に欠かせない!【酢酸菌、納豆菌、乳酸菌、酵母】をご紹介』

https://www.mizkan.co.jp/story/column/july-222/

BACK TO INDEX

他の事例を見る

  • データを活用したコンテンツマーケティングと広告戦略でSEO費と広告費のバランスを適正化、国内旅行の流入は昨年度超えを達成

    近畿日本ツーリスト様は、Webチャネルの強化に向け、自社サイトの中のコンテンツ『ひとり旅特集』を見直すにあたり、「eMark+」で詳細なログ解析…

    VIEW MORE
  • 東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

    東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動…

    VIEW MORE
  • EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

    国内の主要Webサイト・アプリ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を中心に、Web行動ログデータを用いた数々のマーケティング・ソリュー…

    VIEW MORE
  • データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

    データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」でおこなわれ…

    VIEW MORE
  • 岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

    岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデ…

    VIEW MORE
  • “メディアプランニング”“競合施策の分析”で確実なマーケティング戦略を策定

    花王のスキンケアシリーズ「キュレル」では、eMark+を、“メディアプランニング”と“競合施策の分析”の両面でご使用いただきました。

    <…

    VIEW MORE

CONTACT

資料請求、お問い合わせはこちらから

CONTACT FORM