【5/23(月)】他社と差がつく競合分析データ活用方法とは ?「Dockpit」紹介セミナー|オンラインセミナー

※1月17日、2月2日、3月17日に開催したセミナーと同じ内容となります。
新型コロナウイルスの影響もあり、デジタルマーケティングのニーズは高まっているものの、どのような提案をすればクライアントに納得をしてもらえるのか分からないという悩みを抱えているマーケターの方は多いのではないでしょうか。

ヴァリューズでは消費者のWEB行動データを保有しているため、クライアントの競合サイトがどのような施策を打っているのか、どのようなユーザーを集客できているのかを把握することができます。

本セミナーではこのようなデータを用いて、市場・競合の動きを把握し、データドリブンな提案書を作成する方法を、具体的な事例を用いながらご説明いたします。


■このような方におすすめです
・広告代理店でプランニング業務をされている方
・クライアントに対して新たな提案をされたい方
・提案前の情報収集の負荷を減らしたい方
・組織全体の提案力を底上げしたい方

【セミナー内容】
・広告提案時に行動ログデータを活用すべき理由
・市場分析ツールDockpitの概要説明
・事例解説:提案書作成時の競合分析データ活用方法

【開催日時】
2022年5月23日(月)14:00~14:45(申込受付を終了しました)

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開催当日12時と開始1時間前までにご連絡いたします。

【主催】株式会社ヴァリューズ
セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【注意事項】
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ マーケティングコンサルタント アシスタントマネージャー 
住本 尚己 (すみもと なおき)

関西学院大学経済学部卒業後、金融企業を経て、ヴァリューズに入社。
入社後はマーケティングコンサルタントして広告代理店、印刷会社を中心にSaaS型サービスの提案、データ活用支援に従事。


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)


BACK TO INDEX