【7/27(火)】“意識”ד行動”の複合調査でターゲットの姿を具体化!アンケートとWEB行動ログデータを用いたSTP分析|オンラインセミナー

※本セミナーは6月23日に開催したものと同じ内容となります。
市場の全体像や狙うべきターゲット、競合との関係性を考える手段としてSTP分析があります。STP分析で市場や消費者を層別・選定する際にはアンケート調査を用いて価値観や性格など、意識に基づく情報を参照する場合が多いです。
一方で、この手法について「日頃の暮らしぶりがイメージしづらい」「行動導線上のどこにタッチポイントを形成すべきかわからない」などの声をよくお聞きします。

弊社ではアンケート調査の結果に加え、WEB行動ログデータを分析することで「ターゲットイメージの具体化」「ペルソナから施策への接続」を複数企業様にご支援いたしました。

本セミナーでは、アンケート調査の結果から「料理への価値観」で分割したセグメントに対し、WEB行動ログデータを組み合わせた事例を用いて、その方法やメリットを解説いたします。

■このような方におすすめです
・ブランドや商品の戦略立案に関与されている方
・調査結果に基づいたコミュニケーション設計にご関心のある方
・新しい調査手法によるインサイト発見にご関心のある方

【セミナー内容】
・STP分析・ユーザークラスタリングとは
・WEB行動データからターゲット像を肉付け・具体化する方法
・調査結果を用いた施策立案の例



【開催日時】2021年7月27日(火)14:00~14:45(申込受付を終了しました)

【定員】100名

【受講料】無料

【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開催当日12時と開始1時間前にご連絡いたします。

【主催】株式会社ヴァリューズ
セミナー運営事務局:株式会社ヴァリューズ 営業企画G

【注意事項】
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。

【ご協力のお願い】
・ 申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。

【講師紹介】
株式会社ヴァリューズ マーケティングコンサルタント 小幡 のぞみ (おばた・のぞみ)

新卒でヴァリューズに入社しマーケティングコンサルタントとして製薬・食品・不動産など、様々な企業に対してマーケティング支援を行っている。
学生時代には、弊社オウンドメディアにてマーケターへのインタビュー記事・学生視点での業界分析記事を執筆。

https://manamina.valuesccg.com/articles/622
https://manamina.valuesccg.com/articles/728
https://manamina.valuesccg.com/articles/822


(本セミナーのお申し込みは終了いたしました)

BACK TO INDEX