株式会社ヴァリューズ | VALUES Consulting & Creation Group

調査データ

カテゴリー一覧

― 急成長をみせるCtoCマーケットプレイス ―スキルシェアマーケットの動向を探る

201710041305_1.jpg

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、「ココナラ」や「メルカリアッテ」等、個人スキルのシェアマーケット動向を分析しました。

分析概要

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2016年7月から2017年8月におけるスキルシェアマーケットサイトのユーザー数や属性を分析した。
※サイト訪問者数はPCとスマートフォンからのアクセスを集計し、VALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。


考察サマリ

◆ココナラがメルカリアッテを猛追

1兆1,812億市場ともいわれるシェアリングエコノミー。なかでも2016年の取引金額751億円に対し潜在市場2,395億円規模と見積もられているのが、占いやイラスト制作、ハンドメイド作品など、個人スキルの売買です。(*1)
ランサーズやクラウドワークスといった、発注者側が提示した案件に対し制作希望者が金額や作品をエントリーするタイプの企業主導型サービスが、長く市場拡大を牽引してきましたが、昨年あたりから様子が変わり、仕事や作品を提供したい個人ユーザー主導のサービスが急成長しています。

(*1)情報通信総合研究所「シェアリングサービスの市場規模は年間1兆1,800億円! 将来的には2兆6,300億円まで拡大の可能性」
http://www.icr.co.jp/press/press20170628.pdf
 

図1  主要サイト(PC・スマートフォン合算)における14ヶ月間のユーザー数推移
201710041305_1.png

eMark+のSiteAnalyzerでスキルシェアサイト・アプリのユーザー数推移を確認したところ、会員数35万人ともいわれる「ココナラ」、フリマアプリ「メルカリ」のブランド力を擁する「メルカリアッテ」は、やはり2強であることが確認できました(図1)。
これらサイトのユーザーがよく利用すると考えられる「イラスト 依頼」といったキーワードでヒットする類似サイトには、「TimeTicket(タイムチケット)」、「WoW!Me(ワオミー)」、「Skillots(スキロッツ)」などがありますが、月間ユーザー数はいずれもココナラ、メルカリアッテとは大きな開きがあります。
ココナラは、2017年7月にユーザー数が急増しており、強化したテレビCMが、集客に奏功したものと見られます。メルカリアッテの3月の急伸から6月までは後塵を拝してきましたが、同月一気に引き離し、月間約68万ユーザーを獲得。8月には勢いが落ち着いたものの、依然メルカリアッテのユーザー数を上回っています。


◆各社の取組みは?

各社サイト等を参考に、表1サービス比較をまとめました。スキロッツが発注者向け以外は、いずれも作品やサービスを提供する個人に向けたメッセージを採用しており、個人会員数の獲得に注力していることがわかります。
ココナラ、スキロッツ、タイムチケットの3社は、サービス等を提供する個人ユーザーに対する課金モデル。ワオミーは売買成立時に発注者から手数料を得ています。他方、完全無料を謳うのはメルカリアッテ。サービス自体の収益ではなく、メルカリブランドの浸透を目指す戦略なのかもしれません。それが奏功してか、アプリのユーザー数ではココナラを大きく引き離しています。
 

表1 サービス比較
201710041624_1.png
(*2)各社公開情報、ニュース等より調査した参考値。
(*3)2017年3月~8月の月間平均アクティブユーザー数をeMark+より推計。タイムチケットアプリは出現母数が少ないため除外。

eMark+のSiteAnalyzer基本指標機能でデバイス別のユーザー数分布を比較しても、メルカリアッテだけは8割以上がスマートフォンユーザーと突出しています(図2)。(*4)
メルカリアッテアプリのレビューでは、手数料や送料、梱包費用がないこと、ユーザー同士直接対面の安心感などが評価されており、「スマホで手軽にスキルや不用品シェア」のニーズに応えているものと見られます。

(*4)2016年7月~2017年8月のデバイス別ユーザー数をeMark+の基本属性より推計。

図2 PCとスマートフォンのユーザー分布
201710041503_4.png
 


◆高年収ユーザーはタイムチケット?!

どんなユーザーがこれらサービスを利用しているのか、eMark+ SiteAnalyzerの「ユーザー属性」で個人年収分布を見てみましょう(図3)。(*5)
メルカリアッテは年収400万円未満のユーザーが7割を超えています。同じく比較的低所得層が多いスキロッツでは、5割近くが年収200万円未満でした。両サイトは年収1,000万円以上がともに2.4%と5サイト中最も低い水準です。
特徴的なのはタイムチケットで、およそ半数が年収400万円以上。年収1,000万円以上のユーザーも1割程度含まれています。ココナラは年収400万円未満ユーザーが6割強と、5サイト全体の傾向とほぼ相似形でした。

(*5)eMark+のユーザー属性より、2017年8月のPC及びスマートフォンユーザー数を合算。個人年収が「わからない」「未回答」のユーザーを除く集計値。

図3 サービス別のユーザー個人年収
201710041624_2.png


◆一般会社員が3割を占める

各サービスユーザーの職業を分析してみたところ、最も多いのは一般の会社員(図4)。次いで、パート・アルバイト、自営業(商工・サービス)、専業主婦(主夫)、会社経営(経営者・役員)、無職・定年退職・家事手伝いの順でした。(*6)
サービスごとのユーザー属性の違いは、職業でも顕著です。タイムチケットでは4割以上を会社員(一般)が占め、比較的安定した高年収層が時間単位で副業を手がけている模様。フリーランス・SOHOとパート・アルバイトが多いのはスキロッツです。ワオミーは専業主婦(主夫)や自営業に人気があるようです。母数の多いメルカリアッテは、5サイト全体の傾向とほぼ相似形でした。

(*6)eMark+のユーザー属性より、2017年8月のPC及びスマートフォンユーザー数を合算。

図4 サービス別の職業区分
201710041624_3.png


◆メール占いが一番人気

人気のあるコンテンツ分野を、ココナラのページ別ユーザー数から探ってみましょう(図5)。
ココナラは、別ドメインで展開するハンドメイドと法律相談・弁護士検索を除くと、21の「カテゴリ」を展開していますが(*7)、eMark+でサイト内のカテゴリページを分析してみると、メール占いのアクセスが多い様子です。「マネー・不動産」や「語学・翻訳」など、14のカテゴリは、上位コンテンツに登場していませんでした。(*8)

(*7)トップページ「カテゴリから探す」の掲載メニュー数。https://coconala.com/
(*8)eMark+を使い、2017年6月~8月の間にココナラのサイトを利用したユーザーが8月にサイト内で閲覧したコンテンツを、ページごとに推計。第1階層のディレクトリが「category」のメニューページのうち、ログを取得できた上位ページのデータを掲載。


図5 ココナラの人気カテゴリ(ページ別ユーザー数)
201710041624_4.png


【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる!
【eMark+】Freeについて

本リリースで用いたデータは、当社サービス【eMark+】を使用して集計・分析を行いました。本サービスには<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。 「【eMark+】Free」では、業界別にサイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。


株式会社ヴァリューズについて

株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。モニター会員の協力により、行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。


※facebookページでは、業界別ランキングなどマーケティングに役立つ情報を配信中です!


資料請求・お問い合わせ

詳しい調査レポートをご要望の場合や、分析のご相談、ご質問などはこちらからお問い合わせください。

まずは無料でお試しください!【eMark+】の一部機能を無料でトライアル