株式会社ヴァリューズ | VALUES Consulting & Creation Group

調査データ

カテゴリー一覧

11月の国内インストール数は約616万人!「どうぶつの森 ポケットキャンプ」、国内では女性・20代を中心に利用ユーザーが拡大


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2017年11月に配信されたゲームアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」について調査・分析しました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2017年11月のネットユーザーの行動を分析しました。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタ(20代以上)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※カテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得


考察サマリ

◆アクティブユーザー数は「ポケモンGO」を抜き、ゲームカテゴリ2位にランクイン!

動物や住民たちとの交流を楽しむ、任天堂のコミュニケーションゲーム「どうぶつの森」のスマホ版「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が2017年11月に配信され、大きな反響を呼んでいます。
「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の利用動向を見てみると、2017年11月の時点でインストールユーザー数は600万人を超え、アクティブユーザー数も500万人以上となっており、2016年に配信されて以降絶大な人気を誇っている「ポケモンGO」を抑えて、ゲームカテゴリで2位にランクインしています。また、アクティブ率も92.1%と非常に高い数字となっており、ユーザーの興味関心が高いことがうかがえます。【図1】【図2】



◆「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は女性との親和性が高い

続いて、配信から1年以上経った今でも人気の衰えない「ポケモンGO」と属性を比較してみました。まず、性別で見てみると、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」と「ポケモンGO」では男女の比率が逆転していることがわかりました。「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は女性に、「ポケモンGO」は男性に利用されていることがわかりました。【図3】


◆「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は20代に支持されている

次に、年代別で見てみると「ポケモン GO」は年代の大きな偏りがなかったのに対し「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は20代が半数以上となっており、顕著な結果となっていました。過去に「どうぶつの森」ブームが起こった世代のユーザーが今20代となり、再び関心を持っていることが考えられます。【図4】


訪問者数からアプリランキングまで、スマートフォンのデータがわかる!
【eMark+】Site Analyzerについて

アプリを毎月利用ユーザー数順にランキング。インストールユーザー数もわかるのでアクティブ率も把握できます。また、性別・年代・職業など、どんなユーザー層がそのサイトやアプリを利用しているのかがわかります。


【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる!
【eMark+】Freeについて

本リリースで用いたデータは、当社サービス【eMark+】を使用して集計・分析を行いました。本サービスには<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。 「【eMark+】Free」では、業界別にサイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。


株式会社ヴァリューズについて

株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。モニター会員の協力により、行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。


※facebookページでは、業界別ランキングなどマーケティングに役立つ情報を配信中です!


資料請求・お問い合わせ

詳しい調査レポートをご要望の場合や、分析のご相談、ご質問などはこちらからお問い合わせください。

まずは無料でお試しください!【eMark+】の一部機能を無料でトライアル